ガラスの修理

緑の多い一戸建て

不注意などによって窓ガラスを割ってしまった場合、ガラス修理を業者に頼むまでに応急措置を行うために割れたガラスを片付けたり、フレームから取り外すことがよくあります。その際には各ガラスの種類ごとに、注意点もあります。 例えばフロート板ガラスや網入り板ガラスは割れた際には、強化ガラスのように破片が細かく粒状になるような事がないため、そのまま触ると怪我をする恐れがあります。そのため取り扱いは軍手などの厚めの手袋を使用して、片付けなどを行います。 また強化ガラスは複層になっている上に、中間膜として樹脂も使われている重量のあるガラスです。このため割れた場合は、窓枠などからの取り外しは重たいので注意がやはり必要です。場合によっては、片付けはガラス修理業者にやってもらうようにした方が安全です。

過失で窓ガラスを割ったり、空き巣などの犯罪に遭ったを契機に、またはリフォームでガラス修理屋を活用することで、用途に応じた最適なガラスを提供してもらえます。 前述の空き巣被害に遭った場合ならば、これを機に防犯ガラスをガラス修理屋に取り付けてもらうのも良い選択です。防犯ガラスならば樹脂を使った中間膜のため、通常の打ち破りによる、クレセントの解除は困難で空き巣被害を大幅に低減できます。 またリフォーム時にもガラス窓をより高性能なものに変える良い機会です。例えばフロートガラスから高透過ガラスと複層ガラスの組み合わせは防音と遮熱、防露効果を高めてくれるのに加えて、外の景色もより透過性の高いガラスのおかげで見えやすくなります。